2016年7月9日土曜日

2016年7月 社家郷山ブログはじめます!!


社家郷山ブログの開設

 甲山については、西宮市のシンボルとして多くの市民に知られていますが、社家郷山(しゃけごうやま)については、まだまだ知られていません。しかし、社家郷山も自然豊かで様々な歴史もあり、多くの方々に知っていただき、足を運んでいただきたい場所です。社家郷山というものの、一つの山ではなく、樫ヶ峰などの連山全体を総称して社家郷山と言っています。所在地は、西宮市越水字社家郷山という町名でこの名前の由来にも興味深い歴史があります。


 こうしたことから、この度、社家郷山キャンプ場や散策道「四季の道」(コープの森・社家郷山森林整備エリア)周辺で見られる季節毎の動植物や自然景観などをご紹介し、社家郷山知っていただくためのブログを立ち上げました。「都市型里山」としての森林整備活動やキャンプ場での子育て支援活動
各種事業等も定期的にご紹介したいと思っています。

  初回は、平成283月に生活協同組合コープこうべから西宮市に寄贈された10基の「社家郷山 学びのパネル」についてご案内します。

 この10基のパネルは、散策道「四季の道」周辺に設置されており、社家郷山の自然だけでなく、地質や防災、生物多様性、水争いの歴史などがテーマごとにまとめられています。パネルのタイトルは以下の通りです。
 ①キャンプ場で薪を使って里山を守ろう
 ②六甲山治山事業と社家郷山
 ③生きものを育む明るい森づくり
 ④社家郷山と人々のつながり 
 ⑤変化に富む社家郷山の地形
 ⑥開かれた環境を好む植物
 ⑦樫ケ峰で一番長い谷筋「長谷」
 ⑧谷筋からコナラ林に変わった「長谷」
 ⑨ネコヤナギの池と草地
 ⑩生物多様性保全と社家郷山
 多くの方々に社家郷山ブログを見ていただくとともに、是非、社家郷山にお越しいただければと願っています。 

「学びのパネル」を紹介しているパンフレット