働き者です。

 

社家郷山キャンプ場の住人たちはバラエティにとんでいます。

その中でもとくに働き者を紹介したいと思います。

 
 
 
 
 

岩の下に砂の山ができています。

 

 
 
 

なにか動き回っています。

アリのようです。

砂の山をさわってみると

ポロポロと簡単にくずれてしまいました。

 
 


よく見るとアリが何かをくわえて運んでいます。

 
 
 

 

くわえた荷物をこのへんに 置いておきます。





 
 

またちがうアリがやってきて、荷物を置こうとしますが

 
 
 
 
 

あぁっ!滑り落ちたっ!

アリ 「さっきまでここに砂山があったはずなのに

なんでこんなところに崖が!」

スミマセン。山をくずしたのは私です。

 


 

そして何事もなかったかのように次のアリがやってきました。

 

あの砂の山は、アリの巣を作るときに掘り出したものだったようです。

 

砂を積み上げただけの山、だからあんなに簡単にくずれたのですね。

 

アリの体の何倍もある砂山ができるまで

いったい何時間掘り続けているのでしょうか。

 
 

 

今 出会える花や虫たち














 
 


上から順に、キツネノマゴ 

ツマグロヒョウモン幼虫 ツユクサ

ルリタテハ