2017年8月31日木曜日

夏から秋へ


 

残暑厳しいですが、秋の気配を感じさせる今日の社家郷山キャンプ場。

 

 

 
 
 

クリ




 
 
 

ドングリの赤ちゃん




 
 
 

ミツバアケビ




 
 
 

ボタンヅル

葉がボタンの葉に似ています。




 
 

木陰でバッタがすずんでいました。

 

 
 

クロカナブン

 
 

 
 
 

ミヤマアカネ

 
 




 

ツマグロオオヨコバイ





 
 

ベッコウハゴロモ

 

白っぽいところは向こうが透けて見えます。



 
 

クサギ

 
 

 

夏から秋へのころもがえが始まっています。

 

夕方に吹く風は、夏を名残惜しむようにも感じられます。

 



2017年8月18日金曜日

塩辛? 

キャンプ場に迷い込んだのは
                 シオカラトンボ
    
           イカの塩辛にまーったく由来はありません。
           塩辛い味でもありません。
           潮をふいたように白いから。
           写真のトンボはまだ若い個体なので真っ白ではありません。
            
 

なつやすみも後半。
自由研究おわりましたか?
身近な生物をじっくり観察するのもいいかもしれません。

そして こちらには
りんごが…

よく見ると

                           きのこでした





2017年8月10日木曜日

台風一過 虫たちは

 

台風が去った後の社家郷山キャンプ場、

 

どんな虫たちがいるかな?

 

木を見てみますと…

 

 
 
 

どっしりとした風格 アブラゼミ。

 
 
 
 
 

隣の木には、シースルーで涼しげなヒグラシ。

 

 

お!忙しく動き回るイモムシが!



 
 

クビワウスグロホソバさん。

 

あいかわらず毛深いですね。

 
 
 
 
 
 

足元には ジャコウアゲハの幼虫がウロウロ。

 

そして、緑の枝があちらこちらに落ちていることに気づきました。

 
 
 
 
 
 

ハイイロチョッキリさん、活動開始なのでしょうか。

 
 

空からは、つーっと糸をたどりながら下りてくる

 

ふわふわの虫が着地しました。

 





あなたはだれ?


「ハゴロモヤドリガです。ハゴロモ類にとりつく寄生イモムシです。

ハゴロモさんたちの体液をいただき、ここまで成長しました。

そろそろ繭になろうかと思うんですが、いい住みかとなる

ちょうどいい葉っぱ知りませんかね?」

 
 
 

キャンプ場は きょうもたくさんの虫でにぎわっております。

 

自然観察、夏休みの自由研究に日帰りキャンプはいかがでしょうか?